痛みが少ないヒゲ脱毛

痛みが少ないヒゲ脱毛の方法

ヒゲ脱毛を手掛けるサービスが数多くあります。

これらの脱毛方法は、女性向けの脱毛サロンやクリニックと言った全身脱毛などと施術方法が似ており、決してヒゲ脱毛だからと言って特殊な方法で脱毛を行うというわけではありません。

そんなヒゲ脱毛は脱毛で連想されがちな痛みを伴うものもあります。

今回、このヒゲ脱毛の痛みについて種類別の脱毛方法を紹介し、なぜ痛みが出るのか、また痛みを和らげる方法はどんなものがあるのかについて説明し、まとめて行きます。

痛みが少ないヒゲ脱毛の方法

痛みが少ない脱毛方法はどんなものがあるのでしょうか。

結論を言えば、フラッシュ(光)脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛のうち、フラッシュ(光)脱毛と一部の医療レーザー脱毛が痛みの少ない脱毛方法として挙げられます。

この二つとニードル脱毛について、その痛みやどんな脱毛方法なのかをまとめ、紹介していきます。

フラッシュ脱毛

フラッシュ(光)脱毛は光によって発毛因子にダメージを与え、ひげが生えにくくなるという脱毛です。

刺激の少ない光を使った脱毛なので痛みは比較的少なく、温かい刺激程度で済む場合も多くあります。

また、フラッシュのように瞬間的な照射を繰り返すことで痛みが出にくいというメリットもあり、いずれにしても痛みが少ない脱毛を考えた場合第一選択になる脱毛方法です。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、文字通り医療用のレーザーで発毛因子を破壊する方法になります。

破壊するという言葉から連想されるように痛み刺激を伴うことが少なくありません。

こういったことからレーザーは痛いというイメージを与えてしまっているのが現状です。

しかし、効果が比較的高いというメリットがあります。

そんな痛みのあるレーザーですが、近年の新技術により痛みが少ないものも増えてきている方法もあるのです。

それは蓄熱式のレーザー脱毛で、瞬間的な連続照射や深くにある発毛因子ではなく、浅い場所にある発毛因子の発毛をうながすバルジ領域に照射することで痛みを和らげるものがあります。

しかも最も短期間で脱毛可能というメリットもあります。

脱毛の期間・回数についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ヒゲ脱毛の回数女性ではポピュラーな脱毛ですが、近年では男性にもとても人気ですよね。 特に、ヒゲの脱毛を行う男性が多くなって来ています。 も...

ニードル脱毛

ニードル脱毛は針を毛穴に刺して行う脱毛方法です。

これは針を毛根に直接刺すためとても効果的な脱毛方法の一つですが、痛みの強い方法になります。

そのため痛みに過敏な顔に施術するヒゲ脱毛ではあまり行われることのない脱毛方法です。

このようなものがヒゲ脱毛の方法と痛みになります。

ヒゲ脱毛を痛いと感じる理由

ヒゲ脱毛を痛いと感じる理由は二つあります。

一つは直接刺激した痛み、もう一つは脱毛器による加熱の痛みです。

直接刺激した痛みとしては、ニードル脱毛などのような針や脱毛クリームなどの化学的な刺激によるものになります。

これらは直接の原因によって痛みが生じるため触れた瞬間に痛みを感じることがあるのです。

もう一つの脱毛器による加熱の痛みは、脱毛器の仕組みによっての間接的な痛みになります。

脱毛器、特に光やレーザー脱毛の場合、毛根などを加熱して発毛する作用を止め、毛を抜けやすくする仕組みを持っており、この加熱による仕組みが痛みの原因です。

基本的に色素を持つもの、特に黒いものに反応して熱を持つことがあります。

そのため、ヒゲが少し伸びた状態であったり、日焼けをしている場合は特にレーザーや光による熱によってヒゲの部分や皮膚に熱が集まり、やけどをした時のような痛みが生じるのです。

この間接的な痛みは触れた瞬間ではなく、一瞬ないし数秒の時間差で痛みが出るため施術の方法によっても痛みを感じやすかったりしますし、熱さの後にやってくるという特徴があります。

ひげが生えている顔面部分はこれらの痛みが特に感じやすい部位でもあるため、通常の脱毛では痛みを感じない方法であっても痛みとして感じる可能性が高いのです。

この感覚が他の場所よりも鋭いという点もヒゲ脱毛が痛いと感じる理由になります。

ヒゲ脱毛の痛みを和らげる方法

痛みを感じやすいヒゲ脱毛ですが、このヒゲ脱毛の痛みを和らげる方法はあります。

それは、シェービングをしっかり行う、冷やしたり麻酔を使う、脱毛方法を選択すると言った3つの方法です。

シェービングをしっかり行うということは熱がこもりやすいヒゲのムダ毛部分をシェービングで極力少なくしておくものになります。

これを行っておけば、光やレーザーで脱毛を行った際もムダ毛に熱がこもるということがなくなるので、熱による痛みを最小限に押さえることができるのです。

同様に皮膚のコンディションを整えるという意味で日焼けなどがない状態で脱毛を行うということも挙げられます。

顔は日焼けしやすいので、脱毛期間は日焼け止めクリームなどをしっかり塗って準備しておくことも重要です。

脱毛の痛みを和らげる方法として、施術中や脱毛中に冷やしながら行ったり、脱毛クリニックを受診した場合は、麻酔を利用するという方法があります。

冷やすことで熱による間接的な痛みをやわらげ、麻酔を使うことで直接的なものも含めた痛みを和らげることが可能です。

最後が脱毛方法を選ぶということを挙げます。

ヒゲ脱毛は様々な方法がありますが、光脱毛など痛みの少ないものやニードル脱毛や医療レーザー脱毛など痛みが出やすいものがあり、これを使い分けるのがポイントです。

例えば濃い時期は光脱毛で脱毛を行い、薄くなってから仕上げにレーザー脱毛を行えば、ムダ毛が少ない分レーザー脱毛の痛みが低減します。

このような工夫でヒゲ脱毛の痛みを和らげるという手もあるのです。