ヒゲ脱毛 デメリット

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛にはデメリットも存在します。

デメリットの中には、金額であったり痛みが伴ったり、脱毛に通っている期間は日焼けに注意をしなければならないです。

さらには、一時的ですがヒゲが濃くなってしまったり、他の部位よりも回数や時間が掛かったり、肌の炎症を起こす危険もあると言われます。

また、一度脱毛してしまうと一生生えてこないデメリットもあります。

しかし、そんなヒゲ脱毛のデメリットがっても対処法はあります

対処法を知っておくことで、デメリットがあったとしても大した問題ではなくなります。

そこで、ヒゲ脱毛のデメリットと、その対処法についつ詳しく紹介していきます。

ヒゲ脱毛のデメリット

ヒゲ脱毛にはデメリットがあります。それは、費用が掛かることです。

費用は少なく見積っても、10万円程度は掛かります。

そのために金銭的に余裕がない場合には、ヒゲ脱毛を諦める方もいます。

また、痛みが伴うのがヒゲ脱毛のデメリットです。

男性のヒゲというのは密度が高く、さらに毛根の位置が深いのです。

そのためにレーザーを照射されるときには、輪ゴムで弾かれたような痛みがあります。

また、ヒゲ脱毛に通っているときには、日焼けができなくなるデメリットがあります。

そのために夏にプールや海に行くことはできず、通勤や仕事で日に焼けてしまう人は注意が必要です。

日焼けをしてはいけない理由

なぜ日焼けをできないのかというと、レーザー脱毛では黒い色に反応するレーザーを照射します。

そのために、肌が日焼けをしていると肌の色にレーザーが反応してしまいます。

その結果、やけどをしてしまう危険があるのです。

また肌を焼いてしまうと、脱毛効果が弱まったり、痛みを感じやすくなるデメリットもあります。

また、ヒゲ脱毛でレーザーを照射したときには、照射した前よりも一時的に濃く見えてしまうデメリットもあります。

それは、ヒゲが焼き焦げてしまっているのが理由です。

ヒゲ脱毛の時間と空ける期間

そしてヒゲ脱毛は他の部位よりも回数や時間が掛かるデメリットがあります。

時間としては約1年は必要です。

それは、ヒゲが脱毛の難しいパーツだからです。

なぜ難しいのかというと、毛根が密集しているために痛みが強いので、マシンの出力を上げられないのが理由です。

すね毛などが5回程度なのに対して、ヒゲは10回で8割ほどの除去率で、綺麗するには15回程度をみる必要があるのです。

また、期間が掛かるデメリットもあります。

それは2ヶ月から3ヶ月に1回照射するのが一般的だからです。

レーザーは生えている気にしか反応しないので、十分生え揃ってから照射することになります。

そのために十分生えてないと効果が出ないので、回数が余計にかかるデメリットがあります。

肌の炎症

またヒゲ脱毛のデメリットとして肌の炎症を引き起こす可能性もあります。

それは脱毛したあとの肌が、とてもデリケートな状態になっているからです。

そのために汗などから雑菌がは入り、炎症などのトラブルを引き起こすので注意が必要です。

またヒゲ脱毛を一度してしまうと、その毛から一生生えて来なくなるデメリットがあるので注意が必要です。

そのことで後悔してしまう人も少なからず居ます。

ヒゲ脱毛のデメリットに対する対処法

ヒゲ脱毛にデメリットはありますが、対処法があるので問題はありません。

ヒゲ脱毛の費用は10万円ほど掛かりますが、ほとんどのところでは、ローンを組むことができるので問題ないです。

ヒゲ脱毛は痛みを伴うデメリットがありますが、痛みを抑える方法もあります。

それはクリニックで使われる麻酔に理由があります。

クリニックでは速攻性のある笑気ガスが使われているので、痛みが気になりにくくなります。

さらに、クリニックでは痛みを感じにくい蓄熱式の脱毛マシンのメディアスターで脱毛をしてくれるところもあるので、安心できます。

ヒゲ脱毛のデメリットに日焼けができないということがありますが、脱毛の期間中のみなので防止をかぶったり、日焼け止め塗ることで対処法になります。

また、日焼けしたばかりの赤みがある肌は無理ですが蓄熱式脱毛マシンのメディアスターなら、色黒の肌でも脱毛が可能です。

なぜならば、バルジ領域という毛の生成組織をターゲットにしているからです。

バルジ領域は毛根よりも浅い位置にあるので、日焼けをしていてもやけどの危険を最小限に抑えてくれます。

レーザーを照射してヒゲ脱毛をしたときに、焼き焦げて一時的には濃くなりますが、1週間から2週間でヒゲが抜け落ちて、自然と解消されるので安心です。

また気になる方はその間マスクをしたり、ヒゲを隠すことができるクリームも売られているので対処法となります。

ヒゲ脱毛のデメリットとして、どうしても時間や回数が増え期間が長くなってしまいますが、脱毛が終わったら朝のヒゲ剃りが無くなります。

それを考慮すると、1年通うのも苦にはならないと言えます。

また、ヒゲ脱毛は施術時間が1回15分と短いために、仕事終わりに簡単に行けるので対処法になります。

ヒゲ脱毛をしたときにはデメリットに肌の炎症を引き起こすことが言えますが、運動やお酒、入浴を控えることで対処法になります。

また、これら以外にもしてはいけない行為が事前に説明されます。

そのために事前の説明をしっかり守り、肌のアフターケアをすることで、炎症などを防ぐ対処法になります。

ヒゲ脱毛をすると一生生えて来なくなります。

ヒゲ脱毛をしなければ良かったと後悔しないためには、ヒゲを薄くするだけというのも可能なので、施術をしてもらう前には要望をしっかり伝えることが大切です。